お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

潜在保育士が仕事復帰しない理由は? 復帰するためのポイント

潜在保育士が仕事復帰しない理由は? 復帰するためのポイント

潜在保育士という言葉をご存知ですか?
保育士の資格を持っているのに、現在保育園などで働いていない人のことを指します。
特に女性は、結婚、妊娠、育児などのライフステージによって、保育士としてなかなか仕事復帰できないこともあるでしょう。
今回は、そんな潜在保育士の方たちが仕事復帰できない理由を掘り下げ、復帰するためにはどうしたらいいのかを紹介します。


潜在保育士が復帰できない理由

・育児

潜在保育士の方たちが仕事復帰できないのは、わが子の育児が大変だからという理由が多いでしょう。
子どもが小さいと目を離すことができないので、どうしても長時間働くのが難しくなります。
保育所や家族に預けることができても、自分の職場が離れていると何かあったときに心配なのでなかなか踏み出せないというケースも少なくありません。

・給料面

給料の額が低いという理由で復帰できない場合もあります。
育児をしている女性の場合、給料が高ければ子どもにかかる費用にお金を回せたりするので、仕事との両立も乗り越えることができます。
しかし、手取りの給料が低いだけでなく、残業代や退職金も出ないなどの条件が重なると、仕事との両立が現実的に不可能になってしまうのです。

・仕事環境

現役で保育士だったころから時間が経ち、体力的に年齢を感じて躊躇している場合もあります。
かつては少々重い物を持ったり、だっこしたりという力仕事も苦痛に感じなかった方が、しばらく仕事から離れ、年をとったことで自分の体力に自信がなくなり、踏み出せなくなってしまうのです。
職場の年齢層が若いと、自分だけ年齢を理由に力仕事を免除してもらえるわけでもないから無理だと諦めてしまっていると考えられます。

・保護者への対応

少し前と比べ、ゆとり世代の保護者が増えたことで、ちょっとした出来事に過敏に反応し、保育士たちにクレームや文句を言う「モンスターペアレント」が多く現れるようになりました。
その対応に悩まされることを懸念して復帰に踏み出せなくなっている場合もあります。
なかには教育方針やしかり方などについて衝突し、ノイローゼになりそうになると訴える保育士もいるのです。


保育士として復帰するには

保育士として復帰するには

育児中の女性が復帰を考える際に重要となるのが、どこにどれだけの時間、安心して子どもを預けることができるかということです。
保育園の中には、保育所が完備されたところもあります。
自分が働いている際に何かあっても、就業時間までずっとすぐ横に子どもがいるというのは心配せずにすむので助かります。

また、雇用形態を派遣やパートにするのもいいかもしれません。
正社員に比べ、給料は劣りますが、時間的に融通がきくので両立することができます。

また復帰前に体力を付け備えるのもいいでしょう。
よくある保護者への対応のために本を読んで学んだり、既に復帰している友人がいれば聞くなどすれば、モチベーションアップにつながるでしょう。

育児中の女性の社会復帰には、夫や家族の理解と協力が欠かせません。
家事や送り迎えを分担するなど、お互いが状況を理解し合い、率先してできることをやれば負担が軽減され、育児と仕事を両立が可能になります。

いち早く復帰したいと願うなら、今回紹介した内容をふまえ、一度家族に相談してみてはいかがでしょうか。