お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

冬の外遊びを快適にする保育士のための防寒対策術4選

冬の外遊びを快適にする保育士のための防寒対策術4選

保育士の仕事は、室内だけでなく屋外にいる時間も長いもの。
そのため、保育士にとって冬は寒さとの過酷な戦いの日々といえます。
寒い毎日を子どもと共に元気に乗り切るための、上手な防寒対策術を知っておきましょう。


1.機能性インナーが大活躍!

寒いからといってたくさん着込んで着膨れてしまうと、外遊びのときに動きにくくなってしまいます。
その点、寒い時期でもポカポカと温めてくれる薄手の機能性インナーは、保育士にとっては有難い存在です。
子どもと走り回って汗をかいてしまってもすぐにサラリと乾くので、いつでも快適に過ごせます。

また、機能性インナーは洗濯後すぐ乾いてくれるため、天気が悪い冬の時期でも便利です。

2.ダウンベストを中に着よう

モコモコとしたダウンジャケットはとても温かいですが、こちらも外遊びのときには動きにくいというデメリットがあります。
保育士がダウンを取り入れるなら、薄手のダウンベストをアウターの下に1枚着込むのがおすすめ。

ベストならスッキリと着られるので着膨れ感もありませし、軽いので冬の外遊びの強い味方になってくれるはずです。

3.あったかフリースで乗り切る!

温かいフリース素材のアイテムもぜひ活用してみましょう。
フリースは柔らかくて動きやすく、洗濯してもすぐ乾き、しかもプチプラというのが嬉しいポイント。
デザインやカラーも豊富なので、好みのアイテムを選びましょう。

フリースの上着やタートルネックのカットソーのほか、内側などにフリースが使われているエプロンも保育士の外遊びに大活躍してくれますよ。

4.「首」のつく部位を温めてみよう

「首」のつく部位を温めてみよう

首や手首、足首といった、体の「首」のつく部位を温めると、体温の低下を防ぎやすくなります。
寒さが身にしみる時には、首や手首、足首を意識的に温めてみましょう。
首元には動きやすいネックウォーマーやタートルネック、腕にはアームウォーマー、足元は厚手のタイツやレッグウォーマーと万全に防寒対策をすれば、寒さをかなり和らげることができます。

ただし、過度に防寒しすぎてしまうと汗をかく原因となり、それにより体が冷える恐れもあります。
風邪を引いたりインフルエンザに感染したりしないためにも、こまめに脱ぎ着して温度調節をするようにしてください。

冬の外遊びや感染症予防のための換気など、冬の保育士の仕事は常に寒さと隣り合わせです。
寒い毎日を快適に乗り切るためには、万全の防寒対策が重要になってきます。
動き回りやすくポカポカと温かい防寒具を上手に取り入れて体を温め、毎日を元気に過ごしましょう。