お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

子どもの心をグッとつかむ「絵本の読み聞かせ」のポイント5つ

子どもの心をグッとつかむ「絵本の読み聞かせ」のポイント5つ

絵本の読み聞かせは保育士の大事な仕事のひとつ。
少しのポイントをおさえておくだけで、読み聞かせの時間がずっと充実したひとときになりますよ。

子どもたちの心をグッとひきつけるような絵本の読み聞かせのコツをチェックしていきましょう。


1.絵本が子ども全員に見えるように持つ

1.絵本が子ども全員に見えるように持つ

読み聞かせをするときには、絵本を片手で持ってその横に立ったり座ったりして、全ての子どもに絵が見えるように心がけましょう。
絵がうまく見えないと、子どもたちの集中力が途切れてしまったり、物語がうまく理解できなくなったりしてしまうこともあります。

子どもの人数が多いときには、大判の絵本や絵がハッキリと描かれている絵本を選ぶと良いでしょう。

2.オーバーな表現をせず淡々と読む

子どもたちは、目の前の絵本に対して自由に想像力を働かせています。
保育士が感情を込めてあまりにもオーバーに表現したり、アドリブを入れたりすると、子どもたちの想像力が途切れてしまう場合もあります。

子どもたちに優しく語りかけるようなイメージは忘れずに、しかし一方で抑揚をつけすぎないように読むのが、上手な絵本の読み聞かせのポイントです。

3.ゆっくり読むよう意識して

絵本の読み聞かせをしているうちに、ついつい早口になってしまう保育士もいます。

でも、どんどん早口になってしまうと子どもたちは物語の内容に集中できません。
読み聞かせをするときには、意識的にゆっくり読むようにしてみましょう。
絵をじっくりと見せ、ページをめくるときも少しゆったりとした動作を心がけると良いでしょう。

4.同じ本を2~3度読み聞かせてもOK

一度読み聞かせをした絵本を、後日あらためて読み聞かせしてもOKです。
子どもたちは、一度読んだ本に対してさまざまな思いを抱えているもの。
2度目の読み聞かせのときには好きな場面に自由に反応したり、新しい発見を楽しんだりする余裕も出てきます。

また、読み聞かせをした本を子どもたちが自由に楽しめるよう、本棚など手の届く場所に置いてあげるのも良いでしょう。

5.読み終えたあとには余韻を持たせて

読み聞かせのあとに、本の内容を詳しく解説したり、子どもたちに感想を聞いたりするのはできれば避けたいもの。
絵本の中に広がった余韻を、子どもたちがそれぞれ自由に楽しめるよう配慮してください。
もしも読了後に子どもたちから質問や感想が上がった場合には、子どもたちの想像力を壊さないよう心がけながら柔軟に対応することが大切です。

絵本の読み聞かせの時間が、子どもたちが自由な想像や発想を楽しむステキなひとときになったら保育士冥利に尽きるというもの。
絵本の読み聞かせを通して、子どもたちにさまざまな世界を楽しんでもらいましょう。