お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

保育士の転職を成功させる! 面接に適した服装&メイクマナーとは

保育士の転職を成功させる! 面接に適した服装&メイクマナーとは

保育士として転職活動をする上で悩んでしまいがちなのが、面接時の服装のマナー。
保育士が面接を受けるときには、どんな服装、どんなメイクで臨んだら良いのでしょうか?
保育士の面接時の服装やメイクのポイント、注意点についてまとめました。


保育士の面接に適した服装とは?

保育士の場合、仕事中は動きやすい服装が必須になります。
しかし、面接の時には社会人らしいきちんとした服装を心がけるようにしてください。面接時にはスーツを身につけるのが無難です。
ただし、面接の時に保育への参加を求められるケースもあります。このような場合には事前に連絡があるはずなので、動きやすい服装で面接に行くと良いでしょう。

スーツの場合、パンツスーツでもスカートでもOKですが、きちんと感のある着こなしを心がけましょう。
スカートの丈が短いものやスリットの深いもの、露出の多いスーツなどは良い印象を与えないため、避けるようにしてください。
スーツのカラーは、ブラックかネイビー、ダークグレーなどの落ち着いたものをチョイスしましょう。

ブラウスや小物にも気を配る

スーツの中に着るブラウスは、派手にならないようにします。
白かパステルカラーなどの淡い色で、シンプルなデザインのものをチョイスすると良いです。

足元は黒のパンプスで、ヒールは3cmから5cm程度がおすすめ。
ストッキングは肌の色に近いものを選び、柄入りのものや黒のタイツなどは避けましょう。
アクセサリーは保育のじゃまになるため、あまり良い印象を与えません。身につけるのは結婚指輪や腕時計などにとどめ、シンプルに仕上げてください。

面接時のメイクマナーもチェック!

面接時のメイクマナーもチェック!

メイクは濃すぎるのもNGですが、一切メイクをしないというのも面接にはふさわしくありません。
ナチュラルなメイクを心がけることが、相手に好印象を与えることにつながります。

目元にマスカラやアイシャドウたっぷりのバッチリメイクをしてしまうと、少しキツい印象になってしまいます。
アイシャドウはベージュやブラウン、ピンクといった肌なじみの良いカラーを選びましょう。
マスカラは軽く塗って、明るい印象の目元を作ってください。
頬にはサッとチークを入れて健康的なイメージに。リップは派手な色を避け、ナチュラルかつフレッシュなイメージの口紅をつけると良いでしょう。

服装やメイクをきちんとするよう少し心がけるだけでも、相手に与える印象は大きく変わります。
社会人としてのマナーをわきまえた服装やメイクで万全の準備をすれば、面接への自信を高めることができるはずです。