お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

保育士の正社員と派遣の違いとは? 自分に合う働き方を選ぼう

保育士の正社員と派遣の違いとは? 自分に合う働き方を選ぼう

保育士の就業形態は主に、正社員と派遣のふたつに分けられます。
正社員として働くメリットや、派遣として働くメリット、またそれぞれの働き方の違いについてチェックしてみましょう。


長く働けるのが正社員の魅力!

正社員の保育士は雇用期間の定めがないので、長く働けるのが魅力です。
「契約期間が終了したら更新されない」といった事態が発生しないので、安定した働き方が叶います。

クラス担任や要職を任されることも多く、さまざまな行事を子どもたちと一緒に体験していくことができます。
子どもたちが安心して毎日を過ごせるよう、1年間責任を持って勤め上げることが必要不可欠です。

正社員のお給料や待遇面は?

正社員のお給料や待遇面は?

正社員として働くのなら、お給料は月給制になります。毎月安定した金額を受け取れる上、ボーナスが支給されるのも嬉しいポイントです。
もちろん社会保険への加入、場合によっては福利厚生や住宅補助といった恩恵を受けられるほか、交通費が支給される職場も多いのが特徴です。

正社員として長く勤めていれば、昇進や昇給が認められる可能性も出てきます。
キャリアアップしたい人や将来的に園長を目指したい人は、正社員の保育士として働くのが良いでしょう。




派遣社員は融通がきくのが魅力!

派遣の保育士として働くメリットはなんといっても、融通がきくという点にあります。
自分にとって都合の良い時間帯を選んで働くことも可能なので、子育て中のママや、家庭の都合で短時間しか勤務できないという人でも働きやすいでしょう。
転職や子育てなどでブランクが開いてしまい復帰に不安を感じているのなら、まずは派遣から始めてみるという選択肢もあります。

派遣の保育士は、保育の補助的な業務を任されることが多い傾向にあります。
ただし、中には正社員とほとんど同じような仕事を任せてくれる保育園もあるので、就業の際に仕事内容をきちんと確認してみましょう。

派遣社員のお給料や待遇面は?

派遣の保育士として働く場合は時給制になることがほとんどです。働いた分だけお給料が増えるので、残業をすればした分だけお給料がもらえます。
「派遣は待遇面が気になる」という保育士もいると思います。

しかし最近は、派遣であっても社会保険に加入できますし、派遣会社によっては福利厚生がかなり充実している場合もあるので、まずは事前に確認することが大切です。

保育士として働きたいのなら、正社員だけでなく派遣という道もあります。
選択肢を広く持ち、どんな点を重視するのか見極めた上で、ライフスタイルに合った働き方を選ぶようにしてください。