お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

「使いやすさ&子どもウケも大切」保育士のエプロン選びのポイント

「使いやすさ&子どもウケも大切」保育士のエプロン選びのポイント

保育士として働く際、服装指定がありポロシャツなどを支給される園もありますが、ほとんどの園ではエプロンを身に着けての勤務となります。
保育士に最適なエプロンとは、一体どんなものなのでしょうか?

この記事では、保育士がエプロンを選ぶときのポイントについてご紹介します。


保育士のエプロン選びで最も大切なのは動きやすさ!

保育士の仕事は絶えず動き回る仕事といえます。そのため、エプロンを選ぶときには動きやすさを重視しましょう。
肩紐が細いエプロンやフリルがまとわりついて動きにくいエプロンなどは避けたほうが無難です。
デニムやナイロンのエプロンも動きにくいので、綿やポリエステルなどの柔らかい生地のエプロンを選ぶのがおすすめです。

保育士はエプロンのポケットが多いほうが良い

保育士のエプロンには、ポケットがいくつかついていたほうが便利です。
子どもたちの鼻をかむためのティッシュや、手を洗ったときに必要になるハンカチのほか、新人保育士のうちは教わったことを書き留めておくペンとメモも入れておく必要があります。

また、子どもが取ってきたお花を入れたり、泣いている子どもをなだめるための小さめのぬいぐるみを入れておいたりと、保育をする上でポケットが必要になる場面は多いといえます。

汚れに強いエプロンを選ぶ

保育士がエプロンを着ける大きな目的のひとつが、汚れの防止です。
外遊びのときには泥だらけの子どもの手が服に触れることもあるでしょう。
また、制作の時間に絵の具やマーカーなどが付着してしまうことも多いです。

さまざまなエプロンがあるなかでも、体をすっぽりと覆うスモックタイプのエプロンなら服が汚れる心配は少ないでしょう。

保育士として働く以上飾りの多いエプロンは避ける

ビーズ飾りなどの装飾がついたエプロンやボタンの多いエプロンは可愛いです。
しかし、子どもの服や髪に絡まりやすいですし、取れてしまったときに子どもが誤飲してしまう恐れもあるので避けたほうが良いでしょう。

またリボン結びのエプロンも、子どもの服や首などに絡まってしまうことがあるので極力避けるようにしてください。

子どもが親しみやすいエプロンとは

子どもが親しみやすいエプロンと

明るい色のエプロンや、子どもたちが好きなキャラクターが描かれたエプロンなら、親しみやすい雰囲気になります。
動物のアップリケやキャラクターのアップリケがついたエプロンなら、子どもたちが指差して片言を発したり、泣き止ませたりする際に役立つかもしれません。
デザインで悩んだ場合は、子どもたちが心を開いてくれるようなカラフルで可愛いエプロンを選んでみてはいかがでしょうか。

エプロンは最低でも5枚程度用意しておけば、汚れてもすぐに着替えられるので安心です。
利便性が高く子どもウケの良いエプロンを選んで、充実した保育の時間を過ごしてください。