お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

保育士が転職するならいつ? おすすめの時期とは?

保育士が転職するならいつ? おすすめの時期とは?

今働いている保育園のためにも、自分自身が気持ちよく退職するためにもできれば転職は計画的におこないたいところです。
保育士が転職する場合、おすすめの時期はあるのでしょうか。

納得のいく職場を見つけるために、保育士の転職時期について探ってみましょう。


保育士が転職するのにおすすめの時期

保育士の求人は一年を通して出ていることが多いですが、なかでも新年度である4月スタートの求人数は他の時期よりも多くなる傾向にあります。
その理由は、保育業界が4月スタートの年度単位で運営しているため。
突発的な理由でもない限りは、3月末まで務めるのが通例となっているのです。

保育士が4月スタートの転職をするメリット

保育士が4月スタートの転職をするメリット

保育士が4月スタートの転職をすると、さまざまなメリットがあります。
例えば、新しい保育士が保育園に多く入る時期のため、転職者であっても新しい環境に馴染みやすいといえるでしょう。

また、子どもや保護者との関係性も他の保育士と同様に1から築けます。
さらに、4月スタートの求人では即戦力が求められることも多いので、今までの保育士として働いた経験が活かして待遇面などで交渉することも不可能ではありません。

保育士が納得のいく転職をするためにはどの時期から動けば良い?

保育業界では、年度末での転職や退職を希望する場合、夏~秋にかけて職場に報告をするのが一般的です。
そのため、保育士の求人が増え始めるのが11月頃になってきます。11月頃から求人を見始めておくと、希望する保育園に転職しやすくなるでしょう。

また1~3月の年明けは、さまざまな事情から保育士の人数を十分に確保できていない保育園が求人を掲載し始めるため、この時期も募集数が増える傾向にあります。

保育士の転職活動スタートは夏頃がおすすめ

保育士が納得のゆく転職をするには、余裕をもって夏頃から取り組み始めると良いでしょう。
夏は子どもたちも新しいクラスに慣れて落ち着き始め、秋からの運動会や発表会などの準備もまだ始まらない時期です。

そのため、保育士の仕事に余裕が生まれやすく、引き継ぎ書類などを作ったり、履歴書や職務経歴書を書いたり、希望する保育園の見学に行ったりなど転職活動をしやすい時期だといえます。
早め早めに行動することで、保育士としての仕事に支障をきたしにくくなりますし、心に余裕が生まれやすくなります。

年度途中の保育士の求人もおすすめ

年度途中での求人は保育園が新しい保育士を早く欲しがっている場合が多いため、有利な条件が提示されているケースも珍しくありません。
「資格を所有していれば経験不問」「年齢問わず」など、転職希望者にとって選択肢の幅を広げるチャンスとなります。
ただし、どのタイミングでどの保育園が求人を出すかは分からないため、普段からこまめに情報をチェックすることが求められます。

転職の際は、気持ち良く保育園を退職したいものです。
自分自身のためにも、保育園のためにも、無理のない時期から転職を始めるようにしてください。