お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

事前に要チェック! 保育士の面接で必ず聞かれる質問3つ

事前に要チェック! 保育士の面接で必ず聞かれる質問3つ

保育士の転職や復帰にともない避けて通れないのが、保育園側との面接です。
自分の熱意や誠意はしっかりと言葉にしないと相手側に十分伝わりません。
自分の思いをしっかりと届けるために、保育士の面接で必ず聞かれる質問とその回答例をご紹介します。


保育士として面接を受ける前に準備したいこと

保育士として面接を受ける前に準備したいこと

面接で必ず質問に対する回答を準備するためには、保育園の情報収集や自分の経歴やスキルなどを把握しておくことが大切です。
希望する保育園の方針はどのようなものか、自分はどのような保育をおこないたいと思っているのか、また自分と保育園のカラーはどのようなところで合うのかなど。
それらを確認し、自身の回答の中に織り交ぜてアピールすることが面接をクリアするうえで欠かせません。

また、履歴書や職務経歴書などに書いたことと、面接時の回答に相違がないようにすることも重要です。

保育士の面接で聞かれる質問1.「志望動機」

保育士だけでなく、どのような面接でも必ずといって良いほど聞かれる質問のひとつが志望動機です。
「通勤が便利だから」「待遇が良いから」といった勤務条件や福利厚生などのメリットを前面に出しては、保育への熱意や誠意は伝わりません。

保育園の特徴や子どもとの関わり方が、自分が希望する保育とどう関係するのかをしっかりと伝えるようにしましょう。
自分を採用することで保育園側にどのようなメリットをもたらすのかを伝えられると尚良いです。

・回答例

「貴園の食育に対する考え方が私の理想とする保育に合致しているだけでなく、少人数定員で子どもひとりひとりとしっかりと向き合える環境に共感をいたしました。
貴園であれば私の持つ〇〇の資格も活かせると考えて、志望させていただきました。」

保育士の面接で聞かれる質問2.「退職理由」

保育士が転職活動していくなかで、こちらも必ずといって良いほど聞かれる質問のひとつです。
保育園側としては、同じ理由ですぐに辞められてしまうと困るため確認をしたいのです。

たとえ前の職場で人間関係に悩んでいたり、待遇に不満を抱いていたり、保育の在り方に疑問を感じたりしていても、それだけをストレートに伝えるのは避けましょう。
今の職場を全面否定するようで良い印象を与えられません。
退職理由を伝える際は希望する保育園の特色を踏まえたうえで、転職することで自分にどういった点でプラスがあるのかを述べてください。

・回答例

「現在勤めている園では園外に出かける機会が少なく、十分に自然と触れ合える環境にありません。
子どもはさまざまな物に触れてその喜びや驚きを通して成長していくと考えておりますので、貴園のように土いじりや園外へのお出かけなどに力を入れている保育をしたいと思い転職を決意しました。」

保育士の面接で聞かれる質問3.「保育の仕事を選んだ理由」

保育士である以上「子ども好き」というだけでは、十分な回答とはいえません。
他の保育士と面接で差をつけるためには、より具体的なエピソードや子ども好きになった理由などを盛り込み熱意などを伝えるようにしましょう。

・回答例

「私は小さい頃保育園に通っており、担当してくださった先生がとても優しくて大好きでした。
その先生の存在とあの頃の記憶が、私の人生を支える一部となっているのです。
未来ある子どもの成長を支える仕事につき、保育園の先生のような優しくて温かい人間になりたいと願い保育の仕事を志すようになりました。」

面接の際は質問に対する回答を用意するだけでなく、身だしなみやマナーなどにも注意するようにしましょう。
そのうえで自分の思いをしっかりと伝えて、満足のゆく転職を叶えてください。