お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

正社員よりもお得!? 派遣保育士の平均給料をチェック!

正社員よりもお得!? 派遣保育士の平均給料をチェック!

保育士として働く際、正社員や派遣、パートなどの形態から選ぶことができます。
一般的には安定している正社員を目指す方が多いですが、給料の面を見れば派遣保育士のほうが多く貰えることも珍しくありません。
そういった理由も相まってか、厚生労働省の調べによると保育の現場に占める非正規社員の割合は40%以上ともいわれているのです。

そこで今回は、保育園や地域によって違いはあるものの、正社員と派遣の一般的な給料の違いや仕事内容、派遣保育士のメリットなどをご紹介します。


正社員と派遣保育士の給料はどれくらい違う?

保育園や地域によって違いがあるため、あくまでも一般的にいわれている給料の金額をご紹介します。

<派遣保育士>
・月給……約24万円(8時間勤務×月20日×時給1,400円)+{残業代1時間×20日×(1.400×1.3)}
・年収……約290万円(ボーナスなし)

※派遣社員は、労働者派遣法により時間外手当を必ず受けることができます。

<正社員>
・月給……約20万円
・年収……約280万円(ボーナス2カ月分プラス)

このように給料の金額だけを見た場合、派遣保育士のほう正社員よりも高くなる傾向があるのです。

派遣保育士は他にもさまざまなメリットがある

正社員はサービス残業や仕事を持ち帰ることも珍しくありませんが、派遣保育士の場合はサービス残業もなく残業があった場合はしっかりとお給料が支払われます。
そのため、正社員よりも時給が高くなる傾向にあります。

また、仕事の待遇や有休などに関しては派遣会社が仲介してくれるため交渉もしやすいですし、社会保険に加入することも可能です。
早番がないことや、毎日の休憩時間をしっかりと確保できること、固定シフトなのでスケジュールを組みやすいなども派遣保育士のメリットといえるでしょう。

正社員と派遣保育士の大きな違いは安定性

正社員と派遣保育士の大きな違いは安定性

給料の金額や待遇などを見れば、派遣保育士として働くことは大きな魅力があります。
しかし、派遣保育士には正社員のような安定性はありません。
そのため、長く同じ保育園で働ける可能性は低くなりますし、子どもや保護者の方と信頼関係を築くのも難しくなるでしょう。
担任になることができない、担当した子どもの卒園まで勤務できない恐れもあるのです。

保育士の仕事は、子どもと一緒に成長できるなどお金には代えられない魅力ややりがいに溢れています。
しかし、毎日の生活を考えると決して給料はないがしろにできない問題です。
正社員としてさまざまな経験を積んだ後に派遣保育士になる、保育資格をとってパートよりも時給の高い派遣保育士になるなど、選択肢はさまざまです。
視野を広げ、保育士として納得のゆく働き方をしてください。