お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

保育士が保護者と【良好な関係】を築くためのポイント

保育士が保護者と【良好な関係】を築くためのポイント

保育士は子どもだけでなく、保護者との信頼関係を築くことも仕事をスムーズに進めるうえで大切になってきます。
特に、春は初めて顔を合わせる保護者も多くなります。
どのような点に注意することで、保護者と良好な関係を築けるようになるのか探ってみましょう。


保育士の第一印象は保護者との関係を築くうえで重要

初めて保育士と保護者が顔を合わせた際の第一印象は重要です。
保護者に良い印象を持たれることで、毎日の仕事もスムーズに進めやすくなるでしょう。

そのためには、まず笑顔を心がけることを忘れずにしてください。
朝の登園、夕方のお迎えなどは忙しく余裕がないときもあるでしょうが、できるだけ笑顔で保護者と接するようにしましょう。
笑顔でいることで保護者に安心感を与えられるだけでなく、子どもからも好かれやすくなります。

保育士と保護者の良好な関係のカギはコミュニケーション

保育士と保護者の良好な関係のカギはコミュニケーション

保育士などを対象にしたとあるアンケート結果によると、保護者と良好な関係を築くうえで大切なことの第一位にあがったのは「コミュニケーション」でした。

日ごろからこまめにコミュニケーションをとることで、子どもだけでなく保護者や家庭の様子などを知ることに繋がります。
「今日は〇〇ちゃんと遊んでいました」など、どんな些細なことでも保護者に報告することで、“子どもをしっかり見ています”というアピールにもなります。
毎日の小さなやり取りが、保育士と保護者との関係を築くうえで欠かせません。

ただし、保育士から保護者に対して、一方的に子どもの様子を報告するだけでは十分な信頼関係は生まれません。
保護者の意見に対して、思い込みや先入観を持たずに真摯に耳を傾けることが重要になってきます。

保育士の話し方も保護者との関係性を左右する

「保護者と友達のように親しくすること」=「良好な関係」とは言えません。
保護者と仲良く話せることは良いことですが、保育士として適度な距離感を保つことは忘れずに。他の保護者が「先生はあの人だけ特別扱いしている」と感じてしまうと、信頼を失う原因になりかねません。

保育士として信頼を得るために、まずはコミュニケーション時の言葉に気を付けるようにしましょう。
友達などと話すときのように「超」「マジ」などの若者言葉や語尾を伸ばすような話し方をするのはNGです。
子どもが真似する恐れもあるので、仕事中は使わないようにしてください。

また、保護者に何かをお願いするときは、「~してください」よりも「~していただけると助かります」などと伝えると、命令口調のような印象がなくなり親しみやすさが増します。

さらに伝え方ひとつで、保護者が受ける印象も違ってきます。
子どもが喧嘩した事実を伝える際は、そのまま言うよりも「お子さん今日は元気がありすぎたせいか、○○くんと喧嘩してしまって……」などと、最初に子どもに対する誉め言葉を入れるようにすると印象が良いです。

多くの保育士が、保護者と初めて顔を合わせる際に緊張するはずです。
しかし、そのなかで笑顔を作ることは決して難しいことではありません。
お家で練習するなどして、まずは明るく自己紹介することを目標に取り組んでみてはいかがでしょうか。
それが、保護者との良好な関係を作るうえでの第一歩になるはずです。