お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

【ブランクあり】保育士として復帰する面接の志望動機の答え方

【ブランクあり】保育士として復帰する面接の志望動機の答え方

家庭の都合や育児などで保育士の職を離れている潜在保育士は多いもの。
ブランクがあいてしまった保育士が仕事に復帰する場合には、面接を受ける必要がありますが、どのように説明するのが適切なのでしょうか? 

久々に保育の現場に復帰しようとする保育士がおさえておきたい、面接での志望動機の受け答え方や例文を紹介します。


ブランクがある理由は面接で必ず問われる!

育児や介護といった事情で、保育の現場から離れたという経験を持つ保育士は多いもの。
また、保育士以外の仕事に転職したけれど、もう一度保育士として活躍したいという方もいるかもしれません。
こういった場合の面接では、「なぜもう一度保育士として復帰しようと考えたのか」を必ず聞かれます。

保育士を採用する側は、即戦力や長く働いてくれる人材を求めているもの。
保育士経験があるという強みを活かしつつ、再び保育士として頑張っていきたいという熱意を伝えることが大切です。

自分の経験を通して志望動機をまとめよう!

出産や育児で保育の現場を離れたというブランクは、マイナスではなくむしろ自己の成長をアピールするチャンスともいえます。
親の立場から見た我が子の成長を通して気付いたことを志望動機にからめてみましょう。

「子どもが好きだと再認識した」「保護者の立場から子を思う気持ちが強くなった」「保護者が安心して子どもを預けられる保育士を目指したい」といった表現で自分の経験をアピールすると良いですね。

別の業界から保育士に復帰する場合は?

保育とは別の業界で働いていたためにブランクができたという場合には、これまでの経験をポジティブなイメージでアピールしましょう。
「別の業界の仕事を通して、保育士の重要性や必要性を改めて感じた」という切り口も良いですね。

まずは園の保育方針をホームページなどでチェックし、「のびのびと子どもを育てるという園の方針に共感した」など、園の特徴に寄り添いながら保育への考え方を語ってみましょう。

ポジティブなイメージを心がけよう

ポジティブなイメージを心がけよう

保育士としてのブランクがある場合、「保育の常識が変わっているのでは?」「体力面が不安」という心配もあると思います。
しかし、不安をそのまま口にするようなマイナスイメージのアピールはNGです。
「保育士同士のチームワークを大切にして貢献していきたい」「保育の仕事には体力が必要ですが、ストレッチやウォーキングなどで体力をつけるよう心がけているので心配はしていません」と、プラスのイメージで志望動機を話すよう心がけましょう。

保育士としてのブランクがあり、復職に不安を感じているという方もいるかもしれませんが、ブランクは逆にアピールポイントになることもあります。
ブランクの間の学びや経験をポジティブに語りつつ、保育にかける思いを訴えてみましょう。