お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

複数担任制のメリットはこんなに! 保育士間の人間関係の築き方とは?

複数担任制のメリットはこんなに! 保育士間の人間関係の築き方とは?

保育園は、0歳から小学校入学前までの子どもたちが過ごす場所。
保育士の複数担任制といえば「2歳児クラス位までのもの」というイメージが一般的。しかし近年は小学校入学前のクラスでも、保育士の複数担任制をとっている保育園もあります。

実はこの複数担任制、保育士にとってはもちろん子どもたちや保護者にとってメリットが!
ここでは複数担任制の良い点と複数担任制の保育士の人間関係の作り方をご紹介します。


複数担任制の保育士にとってのメリットとは?

保育士にとって、複数担任制は良い点だらけ。それらの一部を箇条書きで簡単にご紹介します。

子どもの安全の確保がより確実になる

年齢が低くなればなるほど、子どもは何をしでかすか分かりません。まさに「一瞬の目離しが命とり」になります。 担任が一人だとずっと気持ちを張らなければなりませんが、担任が二人以上だと余裕をもって保育に臨めます。

行事の事前準備や日々の連絡帳の記載などの事務作業を分担できる

保育園の行事の前後の準備もさることながら、日々の連絡帳の記載・保育園内の報告書の作成など、本当に保育士はやることが多いです。
これらは一人でするより二人以上で対応する方が絶対に効率的。残業も減らすことができます。

複数担任制の子どもや保護者にとってのメリットとは?

もちろん保育士だけではなく、子どもや保護者にとってもいいことがあります! 

子どもは手厚い保育をしてもらえる

担任が複数いると、それぞれの“目線”で子どもをみてもらえます。
ですからいろいろな可能性を発見・伸ばしてもらえることがあります。

保護者も手厚い対応をしてもらえる

保育園での生活の中で、子どもはけがをしたり、お友だちとトラブルを起こしたりとほぼ毎日何かしらの問題を巻き起こします。
担任が一人だと、もし問題が発生してもその状況を見ていない可能性があります。
しかし複数だとそのリスクは少なくなります。

複数担任制で気を付けるべきこととは?

ただ、保育士といえども人間ですから、そりが合う・合わないは必ずあります。
そりが合えば何も問題はないですが、そりが合わなくてギスギスした関係の中保育をしてしまうのは、子どもたちにとって不幸でしかありません。
では複数担任制で失敗しないためには、どうすればいいのでしょうか? 

「主役は子ども」の根本を忘れずに

きっと保育士の方が保育士になった理由は「子どもが好きだから」ではないでしょうか。
担任同士のギスギス関係の迷惑をもっとも被るのは子どもたち。保育園の主役は誰ですか?
あなたが保育士を目指した理由は何ですか?その根本を絶対に忘れないでください。

「実るほど首を垂れる稲穂かな」

他人に対して感謝の気持ちを忘れずに接することができる人は、どんな環境下でも人間関係で苦労することはありません。
人格者になる必要はありませんが、常に人への感謝を忘れずに過ごしましょう。

保育士のダブルワークにはメリットもいろいろある

保育士の複数担任制は、子どもや保護者にとって安心できるシステム。
一方保育士の中には複数担任制に対し、否定的な考えをもっている方もいらっしゃるようです。

しかし複数担任制は保育士にとってもメリットがたくさんあります。
しかも複数担任制は“保育士として”というよりは“人間として”当然の「周りへの謝意の気持ち」を常に表していれば問題ありません。
保育士を目指したきっかけである子どもたちの笑顔のために複数担任制でがんばりましょう!