お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

夏は水遊び必須! 保育士にふさわしい水着の選び方

夏は水遊び必須! 保育士にふさわしい水着の選び方

保育所では夏になると水遊びを行うのが一般的です。
水遊びは室内遊び、屋内遊びどちらにもない体験ができることもありますが、小学校では水泳が必須になっているため、子どもが水に慣れる目的も持っています。
水遊びは思わぬ事故につながる危険性もあるので、保育士も水着になって水に入るのが一般的です。そこで保育の現場にふさわしい保育士向きの水着の選び方についてご紹介しましょう。


デザインより機能性を重視! 保育士向けの水着の選び方

保育士が水遊びの時に着る水着は、上はタンクトップ、下はスパッツになっているフィットネスクラブで着用するタイプの水着が最適です。
肌の露出が多いタイプは保育という現場にそぐわないこと、紫外線を大量に浴びると体力の消耗が激しいことから、フィットネス用の水着がベスト。
保育の現場では着脱がしやすいセパレートタイプがおすすめです。

フィットネス用でもワンピース型の水着もありますが、保育士は子どもより先に着替えてプールの準備を行ったり、子どもたちのお着替えの手伝い、後片付けをしたりして手早く着替える必要があるからです。
また頻繁に着用するので、生地や縫製がしっかりしているものを選ぶようにしましょう。
水着の色は、透けやすい淡い色、蛍光色など派手な色は避け、ベースは黒・紺・グレーで刺し色にピンクやイエローが入っているデザインのものが向いています。

水着だけでは足りない! 保育士向け紫外線対策グッズの選び方

水遊び時の保育士は、水着の上にラッシュガードを羽織り、帽子をかぶるスタイルが一般的です。
屋外にプールがあり日よけがついていないような場合、炎天下で長時間プールの指導をすることになるので紫外線対策は必須。
紫外線は日に焼けるだけでなく、浴びるだけで体温を上昇させ体力を消耗させるため、できるだけ肌に直接紫外線が当たらないようにする必要があるのです。

ラッシュガードを羽織ることで肌表面の温度上昇を防ぐことができ、炎天下でも動き回ることができるようになります。
綿素材のパーカーは水に濡れると重たくなるので、乾きやすい素材でできたものがおすすめです。
水遊び専用のトレンカも登場しており、ラッシュガードと合わせて着用すれば肌のほとんどを紫外線にさらさずに済みます。

水着を着ない補助の保育士の水遊び着の選び方

水着を着ない補助の保育士の水遊び着の選び方

水遊びには道具を用意したり、子どもを誘導したりするために補助の保育士がつきます。補助の保育士は水には入らないので水着である必要はありませんが、水の近くにいるので「濡れても大丈夫」かつ「動きやすい」服装であることが求められます。
乾きやすい化学繊維でできたTシャツと短パンまたはハーフパンツ、保育士本人の熱中症対策としてラッシュガードや汗ふきタオル、クールタオルなどを持っていくのが一般的です。
またプールのそばを行き来するので、サンダルを選ぶときは濡れてもすべりにくく脱げにくいデザインを選ぶようにしましょう。

水遊びの時の保育士にふさわしい水着の選び方についてご紹介しました。
黒・紺・グレーがベースのセパレートタイプのフィットネス用水着と、紫外線対策としてラッシュガードやトレンカを着用するのが一般的なスタイルです。
フィットネス用の水着はスポーツ用品店に一年を通して置いてあるので、まだ持っていない場合はお店に行ってみてはいかがでしょうか。