お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

保育士のパートとは? 働き方やメリットについて

保育士のパートとは? 働き方やメリットについて

保育士にはさまざまな働き方があり、中にはパートタイムの募集も多くみられます。
働く時間を選ぶことができるので、短時間勤務を希望する方には働きやすい環境です。

また、パートの場合保育士の資格がなくても働ける園もあるので、保育の仕事に挑戦したい! という方にもぴったりの働き方といえます。
今回は、パートタイムの保育士の仕事内容を解説し、パートとして働くことのメリットなどをご紹介します


保育士のパートはどんなお仕事をするの?

パート保育士とは時間給で働く保育士のことをいいます。
仕事内容は、園児のお世話をしたり一緒に遊んだりすることがメインで、この点では正社員との大きな違いはありません。
しかし、勤務時間数によって任される役割が変わってきます。
パート保育士の働き方はおおまかに2種類に分けられ、1日4~6時間勤務の場合は「短時間パート保育士」、フルタイム勤務の場合は「長時間パート保育士」と呼ばれるのが一般的です。
短時間パート保育士の仕事は正社員のサポート業務が中心で、園内の清掃、園児の食事や排せつの補助などを行います。勤務時間が短いため、担任を受け持つケースはほとんど見受けられません。
長時間パート保育士は勤務時間が長い分、経験を積んでくると社員に近い業務を任されることも多いです。
具体的には保育計画などの書類作成や、園の配布物の作成、職員会議の準備などが挙げられます。


パート保育士として働くメリットは?

自分の働きたい時間帯・曜日などを自由に選択できるのは、パート保育士の最大のメリットといえます。
子育ての合間の時間を有効に使いたい方や、ブランクがあるから正社員として働く自信がない……という方は、短時間勤務がおすすめです。
反対に、将来は資格を取って正社員として働きたいという方であれば、長時間勤務で実務経験を積むこともできます。

また、子育中の方は自身の経験や知識を活かして働くことができるので、やりがいを感じられるお仕事です。

パート保育士の大変なところって?

保育士は人見知りする子どもに近づきすぎないことが大切

担任を持つことがほとんどないパート保育士は、日替わりでさまざまな年齢の園児の対応をすることも珍しくありません。
年齢によって気を付けるべき点は異なるので、覚えることがたくさんあります。
また、雇用形態が違うので正社員と給与や待遇に差があるのは当たり前ですが、園児や保護者から見ればパート保育士も正社員も「先生」であることに違いはありません。
園内で何かトラブルがあった際に問われる責任は、正社員と同じなのです。パート保育士として働く際は、この点をしっかり念頭におく必要があるでしょう。

近年、保育の現場では深刻な人員不足が問題視されています。
そんな中、さまざまな働き方ができるパート保育士は非常にニーズの高い職業といえるでしょう。
パート保育士に興味のある方は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。