お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

保育士が持っておくと便利&有利「絵本専門士」ってどんな資格?

保育士が持っておくと便利&有利「絵本専門士」ってどんな資格?

保育士の仕事に役立つ資格として、絵本専門士というものがあるのをご存知でしょうか?
歴史の浅い資格ではあるものの、近年保育の現場に携わる人々を中心に注目度がぐんぐん高まっています。
絵本専門士は、保育士としてキャリアアップしたい・仕事の幅を広げたいと考える方におすすめの資格なのです。
今回は、絵本専門士の概要や仕事への活かし方などについてご紹介します。


絵本専門士は“絵本のプロフェッショナル”!

絵本専門士は、平成26年に設立されたばかりの比較的新しい民間資格です。
読書を通じて子どもの健やかな成長をサポートする“絵本のプロフェッショナル”を育成するために誕生しました。
昨今、ゲームやスマホなどの普及により、子どもの“読書離れ”が問題視されていますが、読書は子どもの知識を深め、感性や創造力を伸ばすのに非常に効果的です。
今後、絵本のプロとして活躍する人が増えることは、子どもの読書環境を充実させるためにも重要なことだといえます。


絵本専門士の活躍の場は、保育の現場だけじゃない

絵本専門士の資格を生かせる場は、保育園や幼稚園だけにとどまらず、さまざまな場所に広がりはじめています。
・絵本の読み聞かせ講師として、親や保育士などを対象にワークショップを開く
・図書館や書店において、子どものために絵本の読み聞かせ会を開催する
・絵本の専門家という立場で、新しい絵本の企画や研究に携わる
・リハビリセンターなどの医療の現場において、治療の一環として絵本の読み聞かせをする

絵本専門士の資格をとることで、子どもにより質の高い読書環境を与えられるだけでなく、自身の仕事の幅もぐっと広がり、キャリアアップも望めるのです。

絵本専門士になるためには?

絵本専門士になるためには?

絵本専門士には、絵本に関わる豊富な知識と共に、読み聞かせなどの高いスキルが求められます。
資格をとるためには、絵本の専門家たちによる約50時間の講習を受けた後、修了課題において一定の成績を収めることが必要です。

また、受講内容のレベルが高いこともあり、絵本や子どもに関する資格や経験を持っていたり、児童文学などにおいて研究実績があったりすることが応募資格となっています。
受講場所は東京都内の一か所のみで、今のところ地方やインターネットでの受講はできません。
講習は土日の2日間で開催されるため、遠方から受講する場合は講習の度に宿泊する必要があるでしょう。

絵本専門士になるためのハードルは低いとはいえませんが、講習の質の高さが人気を呼び、年々応募者は増え続けています。
現在の応募倍率は8倍ほどですが、今後は10倍を超えるのではないかともいわれているのです。
保育士として働く上で絵本の読み聞かせは欠かせないものですし、スキルアップのためにも有効といえます。
絵本専門士に興味のある保育士さんは、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?