お問い合わせはこちらから 048-700-3905
無料会員登録
保育士のサポート お役立ちコラム

簡単で楽しい! 保育園でできるお正月遊び3選

簡単で楽しい! 保育園でできるお正月遊び3選

お正月の遊びといえば、凧揚げや羽根つきをイメージすることでしょう。
子供の頃、こういった遊びをしていた人も多いのではないでしょうか。
お正月遊びには、昔の人のいろんな願いが込められています。
今回は、保育園に通う小さな子供達でも安心して遊べるお正月遊びと由来についてご紹介します。
昔ながらの遊びを通して、日本の伝統を子供たちに伝えていきましょう。


保育園のお正月遊び1.福笑い

福笑いは、明治ごろからお正月に遊ぶようになったと言われている、出来上がった顔の表情を見てみんなで笑う遊びです。
「笑う門には福来る」とあるように、新年早々笑いで福を呼び込もうという願いが込められています。
遊び方はとても簡単です。目隠しをして、口や目などのパーツを顔の輪郭を描いた紙の上にひとつずつ置いていきます。
勝敗のルールは、正しい位置に置いた人の勝ち、おもしろい顔を作った人の勝ちと自分たちなりに決められます。
また、人の顔ではなく動物の顔にしてみるなどの工夫をするとより楽しめるでしょう。

保育園のお正月遊び2.すごろく

すごろくは、奈良時代に中国から伝わった遊びだといわれています。
今はサイコロを使って遊びますが、その頃は将棋のように2人で盤の前に座って遊んでいました。
次第に旅や人生にちなんだ「道中すごろく」や「出世すごろく」などの「絵すごろく」が広まり、江戸時代にはお正月にも楽しまれるようになったのです。
4~5人の小グループで遊ぶのに適しています。
サイコロを振って出た目の数だけコマを進める遊びです。
昔は、単に早くゴールした人が勝ちというシンプルな遊びでしたが、最近ではコマが留まったところに書かれているお題をクリアしながらゴールを目指します。
子供達には、大きなサイコロを作って自分がコマとなって進む「人間すごろく」も人気があるのでぜひ試してみてください。

保育園のお正月遊び3.だるま落とし

保育園のお正月遊び3.だるま落とし

「だるま」は、禅宗の祖である達磨大師をモデルにして作られたと伝えられています。
だるまは転んでも起き上がるため縁起が良いとされ、お正月に願をかけながらだるまに片目を入れるようになりました。
だるま落としの「だるま」は、転んでも起き上がらないので、転ばないようにという願いが込められています。
そのため、転ばないように下まで落とせたら「その一年は転ばない」、つまり「災いが降りかからない」というわけです。

だるま落としは、一番上のだるまが落ちないように、下に積み重ねた段を小槌でひとつひとつ抜いていくゲームです。
一人でも大人数でも楽しめます。

お正月遊びは、日本の伝統行事や歴史を子供たちに伝える良いきっかけです。
普段はあまり遊ぶ機会がないお正月遊びに、子供たちもきっと夢中になることでしょう。
1人から大人数で遊べるものまでいろいろな種類があるので、保育園のお正月イベントに組み込んでみてはいかがでしょうか? 
みんなで楽しいお正月を過ごしましょう。